院内風景

マイクロスコープ

精度の高い治療を行えるマイクロスコープ

マイクロスコープ
歯医者は場合によっては、かなり細かい仕事が必要です。そのため正確で精密な診療のためマイクロスコープを使用しています。

残念ながら、日本の歯科医療での導入率はあまり高くないのが現状ですが、マイクロスコープを使用して高倍率の大きさで見ることにより、インプラント治療や根管の内部から歯周組織、歯の切削面など様々なお口の中の状態が手に取るように確認することが出来ます。
これにより精度の高い診断や治療を提供する事が可能となりました。また、マイクロスコープの映像はモニター画面に映し出される為、患者さんに分かりやすく説明させていただくことも可能です。

マイクロスコープを用いた精密治療

歯の神経の治療

患部を拡大して見ることで感染源を除去することが容易です。

補綴物(被せもの・詰めもの)の調整

歯と詰め物及び被せ物との合わせ目が、精密にあっていないと、バイ菌の侵入口となり 、治療した箇所が再度むし歯になってしまう、2次カリエスになってしまいます。 そのため、マイクロスコープを使用し、ミクロ単位の調整をすることで、2次カリエスを防ぎます。

むし歯を削る

むし歯の治療では、むし歯の箇所を削り取ってしまうことがどうしても必要です。
当然ですが、一度削ってしまった歯は、元に戻すことはできません。
そのため、当院ではマイクロスコープを使用し、むし歯の削りすぎが無いように精密な治療を行い 出来るだけ、歯髄を保護できるよう治療を行っております。