院内風景

根管治療

根管治療とは

虫歯の痛みに耐える男性
虫歯が深くなりすぎると、根管治療が必要です。
根管とは、歯の根の中にある神経や血管などの歯髄が通っている管のことを指します。虫歯菌が神経に到達したり、外部からの刺激によって根の中の細い管に感染が進んでしまった場合には、その管の中をきれいにお掃除して、感染物質を除去する必要があります。
小さな歯の内部を探るため、とても高度な技術が必要な治療です。

当院の精密な根管治療

この難しい根管治療を確実に行うため、当院では「マイクロスコープ」「ラバーダム」を使用しています。

精密・正確な「マイクロスコープ」

根管の内部を肉眼で確認することはできません。そのため、かつて根管治療といえば経験と勘に頼り、微細な根管を手探りして治療するものでした。
現在では、マイクロスコープを用いることで根管の奥までしっかり視認しながら治療することができます。正確な根管治療のために、マイクロスコープは今や必要不可欠と言ってもいいでしょう。「細かい患部まで見える」ことによって、今まで治療が困難だった症状も治療できるようになりました。

患部を素早く正確に診断できることで、歯科医師にとってもストレスがなく、患者さんにも的確に診断・治療することができるメリットもあります。また、細部まできちんと治すことが可能になり、再発防止にもつながって、将来的に経済的な負担も軽くなります。

感染予防の必需品「ラバーダム」

歯の患部は小さく、またお口は体の入口ですから、感染予防には細心の注意を払う必要があります。当院ではラバーダムという薄いゴムの膜を用いて、治療中の患部以外の箇所を覆い、感染予防に役立てています。薬剤や血液などがお口の中に漏れることや、細かい器具などが落下するのを防ぐこともでき、治療するうえでも、ラバーダムで術野を限定して見ることで、より正確な治療を実現できます。

根管治療の流れ

STEP1

深い虫歯や破折によって、細菌が神経まで汚染した状態です。

STEP2

治療の為に咬合面や補綴物を削ります。

STEP3

根管の奥に入り込んだ菌や、感染した歯髄、組織をきれいに取り除きます。

STEP4

細菌に感染した骨髄(神経や血管)を除去し、キレイになった状態です。

STEP5

空になった根管に薬剤を隙間なく充填します。再感染を防ぐため、密封します。

STEP6

キレイになった根管に土台を入れ、人工歯を被せます。噛み合わせなどお口全体での調和をチェックすれば、根管治療は完了です。

根管治療のメリット・デメリット

メリット

  • 抜歯をしないで自分の歯を残すことができる。
  • 治療を行うことで痛みを解消できる。

デメリット

  • 神経を取り除くことで歯が脆くなる。
  • 痛みを感じないため虫歯等の異常を自覚しにくい。

時間をかけてきちんと治しましょう

根管治療では、神経を取り除いて消毒をし、患部をきれいにしてから被せる治療に入るため、回数がかかってしまうのが現状です。
しかし、根管治療をきちんと行わないまま、被せものをしてしまうと、残っていた炎症が再発し、また最初から治療をやり直すことになってしまいます。時間はかかってもきちんと治すことが大切です。