院内風景

セレック

精密セレック治療

セレック
高倍率ルーペやマイクロスコープを用いて形をキレイに整えて、歯肉圧排糸を使い精密な型取りの準備をします。その上で高精度な口腔内スキャナーを用いてお口の中の画像を採得します。丁寧な処置を積み上げて、変形を起こす型取りの粘土を使わないことで精度の良い修復物を製作します。出来上がったセラミックはプラスチック系のセメントでしっかり接着することで、再発のリスクの少ない治療を行います。
セレックで使用する材料は審美性、強度、長期的な安定性、生体親和性の観点からe.max(二ケイ酸リチウムガラスセラミック)とジルコニアを使用しています。

メリット・デメリット

精密セレック治療のメリット

  • 最短即日での修復が可能
  • アレルギーのリスクが少ない
  • アレルギーのリスクが少ない

    精密セレック治療のデメリット

    • 保険適用ではないため費用が保険治療に比べてかかる
    • 長いブリッジはセレック治療では対応できない

      セレック治療の流れ

      STEP1スキャン(型取り)

      スキャン(型取り)
      歯を削ったあと、3D光学カメラで口腔内を撮影
      治療する部分を削ったあとは、3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)。型取りの不快感を味わうことはありません。わずか数秒の作業で、患部の歯列がモニター上に再現されます。 ※症例により型取りが必要な場合もあります。


      STEP2 修復部設計

      修復部設計
      コンピュータの3D画面上で修復物を設計
      モニター上で歯の形態や噛み合わせの調整を、あらゆる角度から行い、理想的な形にしていきます。設計後は様々な色のセラミックブロックから最適な色のものを選定します。


      STEP3 修復部作製

      修復部作製
      ミリングマシンが設計データを基に加工
      ミリングマシンと呼ばれる機械(CAM)が、コンピュータで設計されたデータをもとにセラミックブロックを削り出し、修復物を精密に整えていきます


      STEP4 口腔内セット

      口腔内セット
      口腔内へセットして治療完了
      先進的な接着技術を用いて、削り出されたセラミック歯を口腔内へセットします。これで治療完了となります。なお、Step1からStep4までにかかる時間は、たいていの場合は1時間程度です。



      料金

      ジルコニアクラウン(ステイン仕上げ)

      ジルコニアのブロックから削り出した白いクラウンを装着します。強度に優れ、体に優しい材料です。透明感がないため奥歯に向く材料です。

      料金(税込)
      ¥93,500/1歯

      e.maxクラウン(ステイン仕上げ)

      ガラス系セラミックのブロックから削りだしたクラウンを装着します。透明感と強度を兼ね備えた材料です前歯、小臼歯に向く材料です。

      料金(税込)
      ¥93,500/1歯
      他、ブリッジ等設計によりお見積もり致します。

      ※クラウン・ブリッジの補償について

      破損した場合には2年間補償致します。虫歯の再発、歯周病の進行によるものは補償対象外となります。