院内風景

義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)治療とは

義歯(入れ歯)治療とは
義歯(入れ歯)に対して、あなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか。老化の象徴、ととらえてしまってはいないでしょうか。
歯の健康は、私たちが思っている以上に、日常の生活に密接に結びつき、その生活の質を大きく左右します。
入れ歯の治療を行うことで、噛み合わせがよくなり、しっかりと咀嚼をできるようになった結果、口の運動につながり、おしゃべりもできて生活に活気が出たという例は少なくないのです。
特に噛み合わせについては、食べる楽しみが増えるだけでなく、認知症治療にも好影響があると言われています。

当院お勧めの「BPSデンチャー」

高品質な入れ歯製作システム

BPSとは、Biofunctional Prosthetic System(生体機能的補綴システム)の略で、「よく噛める」「痛くない」「外れない」「美しい」を実現する高品質な入れ歯製作システムです。
患者様一人一人に合わせられるフルオーダーメイドの入れ歯であるので、最高品質の義歯を提供できます。

BPSデンチャーの特徴

  • 製作手順がシステム化されているため、安定した品質の義歯の作製が可能です
  • 臭いの吸収もなく床の部分の変色はほとんど起こりません
  • 大きく口を空けても上の義歯が落ちてこないほど吸着性があり、安定しています
  • 自費診療なので、保険に比べて費用がかかります

総入れ歯と部分入れ歯

総入れ歯

総入れ歯
大部分の歯が失われた場合に用いるタイプです。総入れ歯は吸盤のように口の中で密着します。
「総入れ歯には違和感がある」というイメージをお持ちの方もいますが、現在の総入れ歯は大変精巧になっていて違和感なく噛むことでき、食事も問題なく楽しむことが出来ます。

部分入れ歯

部分入れ歯
1本~数本の歯を失った場合に受ける治療で、主にブリッジ治療を避けたい場合に用います。また上下ともに健康な歯が1本でも残っていることが条件となります。
取り外し式の部分入れ歯を歯肉の上に直接置き、周囲の歯にクラスプ(金属のバネ)で固定して噛めるようにします。

義歯(入れ歯)の種類

金属床義歯

金属床義歯
金属床義歯とは、主要部分が金属で作られた入れ歯を指します。
メリットとしては、プラスチックの物よりも強度が高いため薄く作る事ができ、装着時の違和感が少なく、舌の動きを邪魔しないので話しにくくなる事もありません。
また、食事の際温かい物を食べると温度を感じ美味しく食べられるという特徴があります。
デメリットとしては、保険適応のものに比べてかかる費用が高額になるという事と、使用する金属によっては金属アレルギーを引き起こす場合があるという点が挙げられます。

レジン床義歯(保険適応)

レジン床義歯(保険適応)
レジン床義歯はレジンと呼ばれるプラスチックでできた一般的な入れ歯のことをいいます。
保険適応のため、できることなら費用は安く抑えたいと考えている方におすすめです。
入れ歯にも様々な種類があり、自由診療のものはより快適な使い心地が期待できますが、保険適応でも噛むという観点からは問題のない仕上がりとなります。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

保険の入れ歯

最大のメリットは治療費用が安いことです。
基本的にすべてプラスチックのため分厚くなり快適さが損なわれたり口の中で熱が伝わりにくくなりますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。

自費の入れ歯

機能・審美性共に優れ、豊富な素材の中から選択することができます。
費用がかかることが難点ですが、それだけに装着感や見た目は入れ歯と思えないほど自然です。

噛むことと認知症の関係

噛むことと認知症の関係
咀嚼(口の中で食べ物をよくかみ砕き、味わうこと)は脳を刺激するため、認知症との関連性があるのではないかと考えられています。
そして、認知症が進んでいる高齢者は、合っていない義歯を使用していたり、流動食に頼っている場合が多いようです。
実際、義歯の噛み合わせを直し、きちんと噛んで食事をする習慣が戻ったところ、認知症の症状が改善したという報告は少なくありません。
しっかり噛むためには自分自身の歯を残すことが理想ですが、次善策として義歯をしっかりと調節することも大切です。

義歯(入れ歯)の清掃について

義歯(入れ歯)の清掃について
歯にプラークが付着し、しばらくすると歯石ができるように、入れ歯にもプラークや歯石が付着します。
入れ歯を掃除しないと歯間に食べかすがたまり、細菌が繁殖しやすくなります。
【入れ歯の清掃ポイント】
①食後は流水で汚れを落とし、歯磨き剤は付けずにブラシで磨く。
②就寝前は洗浄剤を使用した水につけておく。

入れ歯を磨く時は、よく観察し磨き残しのないように丁寧にお手入れするように心がけましょう。

義歯(入れ歯)のよくある質問

寝るときは、入れ歯は入れたままでよいですか?

通常の場合、入れ歯は就寝前に外して下さい。外すことで入れ歯の下の粘膜(歯ぐき)を休ませてあげることができます。
小さい入れ歯は就寝中に誤飲の危険もあるので外して休んでいただいた方が安全です。
お休みになる前には入れ歯を外し、水や洗浄剤につけるようにして下さい。
場合により残りの歯を守るため、顎を傷つけないために入れ歯を装着して休んでいただくことをアドバイスするケースもあります。残存歯の状態によって違ってきますのでご相談下さい。

入れ歯になると味が変わりますか?

甘いや塩辛いなどの味覚は主に舌にある味蕾(みらい)で感じます。
味は「臭い、温度、舌触り、歯ごたえ」など色々な要素が関係するので、入れ歯に慣れるまでの間は食事がおいしくないと感じることもあると思います。
できるだけ薄くてぴったりフィットし、熱の伝わりやすい入れ歯を選ぶことが「美味しく食事を頂く」秘訣です。

入れ歯は何年ぐらいで作り変えたほうが良いですか?

歯茎やあごの骨、支えになっている歯や、かみ合わせの変化などによって異なります。
合わなくなった入れ歯を使い続けるのは粘膜、骨、関節、筋肉などに悪影響を与えます。
やはり入れ歯も定期的に検査を行い、違和感の少ない状態でご使用になることをお勧めします。

入れ歯を入れると話しにくくなりませんか?

入れ歯は初めて装着したときはどなたでも違和感があります。
大きさや形にもよりますが発音しにくくなることもあります。
違和感の少ない義歯や人工歯根(インプラント)による治療を希望する患者さんも増えています。

インプラントか入れ歯か迷っています。長所・短所を教えてください。

インプラントは近年急速に広まっています。ご自身の従来の歯に近い感覚を取り戻せる点は魅力的です。
しかし、骨を削りボルト埋め込むという身体に大きな負担をかける手術が必要です。
失敗してもやり直しをするのは極めて困難であり、10年先にどのような状態になっているのか不安もあります。
一方、入れ歯も進化しています。
噛み合わせの調整されたぴったり合う入れ歯を作ることができれば、外れる心配もなく食事を楽しんだり一目を気にせず笑うこともできます。
あなたのライフスタイル、ご希望などをお聞きして慎重に決める必要があると思います。