院内風景

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

無呼吸状態になっている男性
睡眠時無呼吸症候群は読んで字のごとく「睡眠時」に「無呼吸」状態になる病気です。
英語ではSleep Apnea Syndrome(SAS)と書きます。
「無呼吸」とは10秒以上の呼吸停止と定義され、この無呼吸が1時間に5回以上または7時間の睡眠中に30回以上ある方は睡眠時無呼吸症候群と診断されます。
「無呼吸=息が出来ない」ので死んでしまうのではないか?と思われがちですが、実は、この無呼吸自体で、死んでしまうことはありません。
むしろ、無呼吸がつづくことで体に負荷がかかり生活習慣病(高血圧や心疾患など)になることや、記憶に新しい新幹線のオーバーラン事件に代表される、昼間の眠気による事故(交通事故、労災事故)に関係するため、ご本人だけでなく社会的にも問題となるのです。
怖いことを書きましたが、SASは適切な治療をすると無呼吸が改善され、生活習慣病や眠気などの症状もきちんとコントロールできます。
この疾患はなにも特殊な疾患ではありません。

マウスピースを用いた治療法

いびき・無呼吸症候群の治療となると一般的には耳鼻科をイメージされる人が多いと思いますが、実は歯医者でも治療することができます。
それは「マウスピース」を用いた治療です。マウスピースを口内にはめることで空気の通り道を確保し、症状の改善を図ります。
これは歯医者だからこそできる治療法です。その方に合ったマウスピースを作製し、睡眠時にはめるだけなので負担も少なくて済むことも大きな特徴です。

また、いびきだけではなく、軽度~中程度の睡眠時無呼吸症候群にも効果が期待できます。
いびき・睡眠時無呼吸症候群を根本的に治療・解決したい方は、当院へご相談ください。