院内風景

小児矯正

「プレオルソ」 こども歯ならび矯正

小児の大切な時期にこそ「プレオルソ」です。

乳歯から永久歯に生え変わってからの矯正は全ての歯に金属の装置をつける一般的なイメージの「矯正」になりますが、「プレオルソ」は小児(6才~10才) の骨の軟らかい時期にマウスピースでする治療です。取り外しのできるマウスピースで行うため違和感が最小限になります。装着は就寝時と家にいる時のみで十分です。

プレオルソの特徴

Point 1 )柔らかい
こどもが一番嫌がる堅いプラスチックの様なものでなく、ポリウレタン製の柔らかい素材です。装着感も非常に良く、お子さんが着けるのを嫌がらずに使うことができます。
Point 2 )決まった型のマウスピース
こどもにとって歯型を取ることは非常に高いハードルですが、プレオルソは歯型を取る必要がありません。
Point 3 )調整が簡単
従来の矯正装置は調整が非常に煩雑で嫌な臭いがしましたが、この装置は熱を加えることで自由に調整できる、熱可塑性の素材でできております。
お湯を使った簡単な調整でお子さんの顎を広げたり、口腔内に合わせることができます。

「プレオルソ」を用いた矯正治療を受けることのメリット

「お口ポカン」に代表される口呼吸を鼻呼吸へ促します。

「プレオルソ」は「咬みあわせ」と「歯ならび」を改善すると同時に機能的な側面「口呼吸から鼻呼吸へ」を非常に重要と考えています。「プレオルソ」の装置を使って行う「口呼吸から鼻呼吸へ」独特の機能的なトレーニング法は子どもの成長発育にとても大切だと考えています。

矯正治療の流れ


Step 1 )
相談

治療内容・治療期間・費用等についてご説明します。
Step 2 )資料の採得
レントゲン、口腔内の撮影等
Step 3 )診断
治療方針と治療方法のご説明をします。
合わせて費用等の確認も行いますので、気になる点はご相談下さい。
Step 4 )治療開始

プレオルソの使い方

通院時

必ず装置を持ってきてください。

ご自宅

◆日中
1〜2時間ぐらい装置を入れて口を閉じたり、話をする練習をします。

◆就寝時
装置を入れた状態で寝て頂きます。